CH PLUS AROMA

 山田  寛子 

JAA 日本アロマコーディネーター協会認定
・アロマトップインストラクター
・セラピストマナー検定
・アロマインストラクターライセンス
・アロマコーディネーターライセンス

「人に喜んでもらえるアロマを作りたい」

「こども達が大人になった時、記憶の片隅にアロマがあるといいな」

「家事や育児、お仕事に忙しい方たちにアロマを知ってほしい」

CH PLUS AROMA の CH は、challenge. change. chance. child. の CH 。

チャレンジする時、気持ちを切り替えたい時、チャンスを掴みたい時、子供達と共にアロマがあってほしい。そんな想いが詰まっています。

この想いは、精油成分が私たちの身体にどのように働きかけるのか、その作用を学び続けてきてより強く感じるようになりました。
香りを純粋に楽しむアロマも素敵だけれど、自分や家族を大切にするきっかけとなるアロマも素敵です。

みなさんは、幼い頃植物で遊んだ記憶はありますか?

私は、幼少期から花の甘い蜜を吸ったり、庭に咲いた金木犀を瓶いっぱいに詰めて水を入れ、「香水!」と言ったり、石で草を潰して香りを嗅いでは「薬草!」と言って遊んでいました。

振り返ってみると、その頃から植物の香りに心惹かれていたのだと思います。

そして、初めてアロマの世界と出会ったのは20代の頃。
仕事帰りに、アロマショップに立ち寄ってラベンダーとペパーミント、クラリセージの精油の香りを嗅いで感動しました。

疲れがスーッととれ、また明日もがんばろう!と思えたこと、ぐっすり眠れたことを今でもはっきりと覚えています。

結婚して間も無く、仕事が多忙で倒れてしまった時や、スキルス胃癌が分かり術後一年程は思うように食事を取ることが難しかった事もあります。
そんな時もアロマを生活に取り入れていた事で心身共に穏やかに過ごすことが出来ました。

香りで、懐かしい記憶を思い出し温かい気持ちになったり、緊張した心をほぐしリラックスしたり、お仕事や目標に向かって集中したりと体感できるのもアロマの魅力です。

精油は、植物が自らの身を守り子孫を残す為に作り出した天然100%の成分。
お薬の前に、アロマを生活に取り入れ心身の健康に役立ててほしいと思います。

アロマは、いつもあなたのそばに。