アロマキャンドルの作り方

寒い季節、キャンドルを灯すと心まで暖かくなりますね。

ブラックペッパーなどのスパイスの精油(アロマオイル)を使うと、精油成分が体内へ入り身体もじんわりと温まっていきます。

寒い時期のおウチ時間をアロマでもっと豊かにしてみませんか?

今回は、私のおすすめレシピを紹介しますので、参考にして下さい。
ご自分が好きな精油を入れて自由に楽しんでもらうのが一番です。

用意するもの

  • 精油
      温州みかん(またはオレンジ・スイート)20滴
      ブラックペッパー 5滴
      シナモン 5滴
      ジンジャー(またはクローブ) 5滴
      ユーカリ・シトリオドラ 10滴
  • みつろう 150g
  • 耐熱容器 1つ
  • 割り箸(キャンドル芯を挟むのに使用)
  • キャンドル芯(またはたこ糸)
  • 竹串

作り方

準備
①割り箸にキャンドル芯(またはたこ糸)を挟み、耐熱容器の中心に割り箸を乗せ、芯を垂らす。
②用意した精油を小さなビーカーなどにブレンドして入れておくと落ち着いて出来ますが、直接でもOK!

  1. みつろう150gを耐熱容器に入れ弱火でゆっくり湯煎して溶かす。
     ※溶けたみつろうは、加熱しすぎると火がつくことがあるので
    火は弱火でゆっくりと溶かしてください。
  2. キャンドル芯を垂らした耐熱容器に、静かに溶けたみつろうを注ぐ。
  3. 温度が少し下がってきたら、キャンドル芯(たこ糸)に染み込ませるように精油を垂らす。
  4. 竹串で軽くかき混ぜる。
     

アドバイス

使用していくうちに、香りが薄くなってきたなと感じたら、精油を芯に垂らしてください。

精油のご紹介

  • 温州みかん
     気持ちを明るくしてくれる精油。
     香りの考察では、陳皮の香りでスッキリとした甘い香りです。
     温州みかんは、抗癌作用や免疫力アップにも良いと言われています。
  • ブラックペッパー
     心にエネルギーを与え温かい気持ちにさせてくれる精油。
     冷え性やダイエット、胃腸の運動を活性化させる作用がある。
  • シナモン
     多幸作用があります。
     抗菌、抗ウイルス、肉体疲労の回復をサポート。
  • ジンジャー
     精神的な疲労の緩和作用。
     消化促進、加温作用。二日酔い、乗り物酔い、船酔いなどに。
  • クローブ
     記憶力を高めたり、精神の強壮作用。
     フランスでは、ピロリ菌のいる方に対しての療法に使用。
     抗菌、抗ウイルス、防腐作用など
  • ユーカリ・シトリオドラ
     ゆったりとした気分になりたい時に。