ラベンダー×オレンジ

ラベンダーの写真

安眠といえば、ラベンダー×オレンジスイート。これは、アロマに詳しい方はご存知のことと思います。

私がアロマと出会って20年。

インストラクターとなり、ショップは始めてまだまだ日が浅いですがアロマに対する信頼は体感してきました。

28歳で結婚し32歳の時にスキルス胃癌と診断されました。先生方に奇跡と言われる程の超初期でしたが癌が散らばるタイプだった為、胃の3分の2を切除しました。

きっかけは、食べすぎて胃が痛み、ちょうど姉が入院していた病院にお見舞いついでに内科にかかった時に胃カメラを勧められて見つかりました。

結果は、後日聞きに行く予定にしていたけれど痛いのも無くなったし仕事で忙しくしていたのもあり。。。仕事が終わって携帯を見ると病院から着信が。

明日、かけよ!と思いつつ帰宅したら主人の様子が暗い。。。と思った瞬間「今日、病院から俺に電話かかってきた。ヒロが電話に出ないからって。癌が見つかったから手術しなきゃなんだって。」

妻となり、今から母となりたいと思っていた矢先でした。人生で初めて「私死ぬのかな。」と思いました。

手術は、2012年4月。私の誕生日の数日前でした。術後、1年間くらいはまともに食事できず食べてはお腹をこわすの繰り返し。卵や牛乳は今もお腹が受け付けません。大好きだった半熟卵のトロトロオムライスなどもだめ!

その為、春になり誕生日が近づくと嬉しい気持ちと同時に手術や後遺症のことを思い出しちょっぴり切なくもなります。

食事が思うようにできず辛かった時も、イライラしたりお腹が痛くて寒くなったりストレスで眠れなかったり色々ありましたが私がしていたことは自然治癒力を高める食事とアロマです。

香りの成分は、約0.2秒で脳へ行き血液にも取り入れられ全身を巡ります。それだけ私たちの身体に働きかけるものなのです。

術後のストレスもラベンダーとスイートオレンジでどれだけ救われた事か。

ピリピリした精神を優しく落ち着けてくれるラベンダー、思うように行かなくて気持ちが沈んでも前を向くことを手助けしてくれるスイートオレンジはお腹が痛む時の緩和もしてくれていました。

その時、こんな知識はなかったのですが、いつの間にか愛用していたのがこの2本でした。

人は、眠りの質がよくなると考え方も次の日の活動にも変化が出てくると思うのです。

アロマは、香りを楽しむことも大切ですが私は病気をしたのもあり香りの成分が私たちに働きかける作用も考えて生活に取り入れています。

育児も仕事も好きなこともしつつ、簡単に体に良いことをしたい。それが私の望みでありアロマショップの店主として提供していきたいことです。

これから、自分がやってきて良かったものを少しずつ伝えられたらと思っています。